SOHOと仕事

読書録:プロ論3

このシリーズ、いつも買うけど、また買っちゃった。

プロ論。3
プロ論。3

posted with amazlet on 06.12.20
B‐ing編集部
徳間書店
売り上げランキング: 1308

この本を読むと、背筋が伸びるというか、目に輝きが戻るというか、前向きに頑張る気力がわきます。
出てくるのは成功者の人ばかりだけど、仕事や人生に関する哲学はけっこうバラバラな気がします。でも一つ言えるのは、どの人も見ている世界が広く、志は高い。
所詮、自分の利益という目的だけではいつか人間は行き詰ってしまうようで、最終的にはやっぱり世のため人のためになる、という大きな目標を掲げないと前進できなくなるようです。
全然そんな大きなあきないしてない私ですが、なんだか、ちょっと分かるような気がします。心が満たされていないと、だめなんだよなあ。
一人で仕事を始めてから、なんかのキッカケにふと落ち込んで、ギャラとか労働時間とか、そんな小さな小さな部分にばっかりとらわれてしまい、目の前どころか自分の足元さえ見えない気がして、もがいてばっかり、しんどい時があります。たまーにですが。。。
なんか元気でてきたので、これで年末も乗り切ります。
・・・とりあえず年賀状急がないと orz

Previous Post Next Post

You may also like

4 Comments

  • Reply のりっけ

    なかなか面白そうな本だよね。”できる社員は「やり過ごす」”って本、今とっても気になってます。でも、この本も興味をそそられまつ~!
    私はず~っと背伸びしてきたので(笑)背伸びはしたくないけど、目の輝きを戻すことができるってとってもいいことだよね!
    自分だけの利益にばかりこだわっていないから、すごいのよね~。成功した人は。
    私には、これって言うものがないけれど、負け組には入りたくないし、志を高くもって頑張るよ~。
    dk45も頑張ってね。応援しちょります。
    年賀状・・・私は休みになったら作成を始めます。1日には届かないけどごめんよ~(>_

    2006年12月21日 at 5:12 PM
  • Reply みつばち

    一人で仕事を始めてから、なんかのキッカケにふと落ち込んで、ギャラとか労働時間とか、そんな小さな小さな部分にばっかりとらわれてしまい、目の前どころか自分の足元さえ見えない気がして、もがいてばっかり、しんどい時があります。たまーにですが。。。
    ↑この気持ちわかるよ。最初は勉強しながらお金もらえるのがありがたいと思えるのにだんだん謙虚さがなくなり、条件に不満が。。仕事が楽しいとか学べるとか、満足感があればそういう不満でないものね。

    2006年12月24日 at 9:46 PM
  • Reply dk45

    >のりっけちゃん
    ”できる社員は「やり過ごす」”っての、早速、amazonの中古でGETしたよ!
    ふむふむ、なかなか面白かった!
    独自の視点で日本の年功序列制度のことを語っていて、なるほどなあ~そういう見方もあるのか、という感じ。
    すごい前に富士通の人が書いた「成果主義の崩壊」とかいうのも興味深く読んだんだけど、人事制度というのは難しいね。

    2006年12月25日 at 3:05 PM
  • Reply dk45

    >みつばちちゃん
    先日はごめんねえ~、また遊びにいかせてね。
    ところで、自分で自分の気持ちを高めていかないと、簡単につぶれちゃうよね。
    視野を狭くするもの広くするのも自分。仕事を楽しくできるか、イヤな気持ちでするのかも、自分次第。そもそも、今の仕事を選んだのも自分、と気持ちを引き締めてみるよ。
    今は復活元気です、立ち直り早いB型。

    2006年12月25日 at 3:08 PM
  • みつばち にコメントする Cancel Reply